FX自動売買は日本だけでなく、世界各国で個人投資家が行っている取引きです。このFX自動売買が個人の投資家が行いやすい理由としては、敷居が低く、小額からの取引きがおこなえるためではないでしょうか。

FX自動売買で簡単にFX

FX自動売買はFXについてよくわからないけど、取引を楽しみたいという人におすすめのツールです。これを使うと知識があまりない人でも取引を行なう事ができます。

しかし、それだけではありません。FX自動売買はFXに関しては中級や上級と言った人にもおすすめしたいツールです。

FX自動売買は使う人の知識に応じていろんな使い方をする事ができます。FX自動売買はEAと呼ばれるものを使って自在な取引を行なう事ができるというのが大きなポイントです。知識がない間は他の人が作ったEAを使う事もできます。

そして、使える様になると自分でEAを作成したりする事ができます。そのため、取引を行なう中で勉強していく事ができます。

FX自動売買をする時に必要なMT4

MT4でFX自動売買をするときにはプログラミング能力が必要だと言われています。

オリジナルのアルゴリズムをプログラミングできるというメリットは非常に大きいのですが、実際にはプログラミングが難しいために、MT4でFX自動売買をすることを諦めている人も多いでしょう。

しかしながら、実際にはプログラミング能力が無くてもFX自動売買を行うことができます。MT4はフリーのソフトウェアですから、多くの人が色々なアルゴリズムを後悔しているのです。

このアルゴリズムを利用すれば、プログラミングの知識があまりなくてもMT4を使えるでしょう。初心者が使ったところで使い方が難しいので、使いにくく感じる事があるようですが、使いこなせれば非常に便利です。

FXを行う人の中にもMT4は難しいというイメージを持っている人がいるようです。その原因となってしまっているのがMT4を自由にカスタマイズする時に必要になってくるプログラミング言語ではないでしょうか。

FXを行う人すべてがプログラミング言語に関する知識があるという分けではありません。中には苦手だと感じている人もいるでしょう。そんな人でも安心してMT4を使う事ができるのを知っていますか。

MTのEAをカスタマイズする時にプログラミング言語が必要なのですが、このEAは配布されています。知識がなくてもあるものを使えば自由にトレードを行う事はできるでしょう。MT4はFXの取引に少しは慣れている様な中級くらいの人におすすめです。

円高になったらFXでは売りで儲けられる

FX初心者には売りよりも買いの方が利益を出しやすいと言われています。しかし、円高に推移している時は売り戦略を建てる必要があります。FX初心者には売りから入るのは難しいと言われていますが、まず、トレンドが変換したら買いポジションを持っている場合は決済します。

移動平均線がデットクロスした時、また、緩やかに下向きになってきた時や直近の安値を割り込んで下落した時は円高が進むと予想できるので売りポジションを持ちます。いつか戻るだろうとそのままポジションを持ち続けていると含み損が増えてしまい、最悪ロスカットになってしまうので早めに損切りする必要があります。

高いレバレッジのFX会社とFX自動売買

FX自動売買によって得られる利益はそれほど大きくない場合が多いでしょう。

どちらかというと短期になりがちですから、短期的な取引では、一回の取引における利益はあまり大きくありませんから、大きくするためにはレバレッジが必要となります。

FX自動売買をするときに、日本のFX会社ではなくて海外のFX会社を利用するメリットとしては、レバレッジを上げられるということがあります。

日本ではレバレッジ規制がかかっていいますから、レバレッジに上限があるのですが、海外のFX会社にはこの規制は及びませんから、高いレバレッジで取引することができるのです。

MT4などのFX自動売買についての関連記事